少しばかり貯金が出来たので、銀行の定期預金などに預けても金利はほとんどないし、自分でもっと使える金が欲しいという思いでFX口座を開設。
デモトレードを通じてちまちまと勝てたので自信を持っていました。

しかし、実際に口座を開設し自分のお金で資産運用しようとすると含み損がいくらまで行っているのか、利益はどこまで行くのか気になってしばらく寝付けませんでした。

比較的流れが詠みやすい米ドルでトレードしてましたが、仕事がある日でも値動きが気になって仕事に手が付かず支障が出始めました。

また、この頃から含み損が膨らんでいきFXアプリを起動するたびにビクビクして日常生活にも支障が出始めました。

そんな日が続く中、もう精神的に耐えられないと嘆くようになり今度の雇用統計で含み損が膨らんだら辞めようと決意し、雇用統計の日まで待ちました。

その結果、含み損は12万にものぼり恐くなって決済。しばらくは呆然とし、何をするにしても気力もわかず食欲減退、抑うつなどの症状に。

その症状は今も続いています。

今回の教訓で、楽して金を稼げない。
リスクを考えて投資すべきであった。
もっと勉強しておけばよかった。
貴重な時間をもっと有意義に使えばよかったと後悔しています。

ちなみにもし当時買ったポジションを持ち続けていれば、9月25日22時現在ですが含み益20万でした。

結局、値動きを見るたびに苛立ちを感じるので今は触っていません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です