私は今現在証券会社への転職を考えていて、その中で最近とても興味を持ったのがFXですね。

今登録手続きをしている段階で具体的にはまだしたことはないんですが、面白そうと思ったのは、値が上がる予想をした時にかけるだけでなく、値が下がっても、その下がるに関してかけていても収益となる所が面白そうです。

スワップポイントにも興味津々です。

日本の銀行にいくら預けていても利息は低く、FXでのいわゆる長期でポジションを持っていた場合に有利に動いていれば高い利息が付く。

そういった要素が尚更早く挑戦してみたくなるわけです。

自動売買等もある様ですが、初心者すぎる私はまだそれは先にしておくつもりです。
1,000通貨単位で近年FXの取引が出来るようになったようですが、これは1パチみたいに、今からやろうとする私の様な人に打ってつけでしょうね。

もちろん、レバレッジがあるので大きく勝負には出ないように気をつける次第ではございますが。

私は某芸能人が動画付きで初心者向けにFXとはどういったものなのかの案内をしている動画を見たのですが、私の好きな芸能人が宣伝していたこともあり、そこに決めました。

投資といったら難しく考えてしまう人が多いと思います。
しかし、簡単といったら嘘になりますが誰でも、余裕がある資金でチャレンジできるものだと私は思っています。

それでは株とFXを比べてどちらが投資をする上で初心者向きか検証してみましょう。株は銘柄が数え切れないほどたくさんあります。

しかしFXはそれぞれの国の通貨を売買するので、株の会社の銘柄より遥かに少ないです。

それにより初心者でも簡単に通貨を選びやすくなります。
そしてもうひとつは時間です。

チャート分析が複雑だったり、予想外の動きに翻弄されて冷静さを失ってしまったりで、損失を出してしまうこともありますよね。しかもプロと一緒の市場で勝負するFXの世界では高度な専門知識が必要で、時間的な負担もばかになりません。ずっとパソコンの前に座っている精神的な苦痛も耐えがたいものです。
参考:FXシステムトレードにおすすめのツールを比較 / FXシストレ.jp

株は日本時間だったら午後の三時までしか取引できません。
しかしFXの場合は24時間取引が可能なのです。

そういった面でFXの場合は会社員など普段働きに出て行ってる方にも仕事が終わってからなど投資しやすいのです。

このようにFXは株の取引に比べると誰でも簡単にスタートできるものです。

ただし少しは知識も必要なのでこれからFXを始めようと思っている場合、用語の本などを購入して少し勉強してからがオススメです。

そして私の現状はと言うと・・・今年買った豪ドル円のポジションをまだ保有中です。

すぐに売れることを考えて持ったのに、ギリシャ問題で下方向にレンジブレイクしてしまいました。

損切りすることを考えましたが、資金にゆとりがあったし、豪ドル円というのは他の通貨に比べてスワップが高いので、戻るまでの間は持っておけばいいかなぁと思いそのままにしました。

ギリシャ問題が落ち着くと、次は人民元切り下げの中国問題の浮上で、若干戻ったところで下げが再開です。

最高で82円付近まで下げたかな?その日はニューヨーク時間にパニック売りで1分もしないうちに1円以上も暴落してびっくりしてしまいました。

でも、結局戻してきて85円を越えたあたりで落ち着いています。

ああ、よかった!それで、今はスワップだけで500円ほどゲットです。

もしも、82円を越えていくようならもう1枚買ってプラスにしたところで決済するのも悪くないなと思っています。

FXって、どれだけチャートを開いたり、ニュースで動きを予想しても当たるものではありません。自分でトレードするのは難しいですね。

たまに、自動売買してくれるソフトに任せようと思うこともあるけど、またこっちも成績が安定しなくて大変です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です